橋本歯科医院

親しみやすい雰囲気の歯科医院です。歯に関することなら何でもお気軽にご相談ください。


ブログ紹介


HOME»  歯周病について

歯周病について

歯周病の直接の原因はプラーク(歯垢)です。
プラーク中の歯周病細菌が歯周病を起こします。

歯周病細菌は酸素の少ないところを好むため、
歯と歯肉のすき間に歯周病細菌の巣(バイオフィルム)をつくります。
歯周病細菌は、口腔内に住んでいる多くの細菌と、
細菌が作り出すネバネバした分泌物の中で生きています。

ネバネバした分泌物の中では、いろいろな性質を持った細菌が、
お互いうまく住み分けながら歯や歯石の表面にフィルム状にくっついて成長します。
このようなフィルム状の細菌の集合体を「バイオフィルム」と呼んでいます。

バイオフィルムは、ネバネバした分泌物で守られているため、
抗生物質や殺菌剤なども効きにくくなります。
そのため、バイオフィルムの中の歯周病細菌が活発になると歯周病が発症したり悪化したりします。

 

歯を支えているまわりの組織(歯肉、歯槽骨など)の病気が「歯周病」です。

歯周病とは歯のまわりを支えている組織が破壊されて歯がグラつきだし、
最終的には歯が抜けてしまうという疾患で、30代から発症すると言われていますが、
最近では若年者(10歳代)にも見られるようになりました。

現在自分自身の歯周病がどのくらい進行しているか否かを、
検査によって調べることにより、より正確な診断と適切な治療が受けることが出来るようになります。

 

歯周病は自然に治ることはありません。
虫歯との違いは、ほとんど痛みがなく気づかないうちに進行するということです。
ほっておくと症状は急速に進行し、やがて歯が抜けます。

 

1.歯周病の最大の原因がプラークです。
細菌の集団であるプラークが出すさまざまな物質によって歯肉に炎症がおこり、
同時に細菌を攻撃するための細胞が自体から出てきて、細菌と体の抵抗力との闘いが始まります。
細菌が増加し、防衛能力を上回ると炎症が進行します。

 

2.歯面に付着したプラークは時間がたつと石灰化。
歯石となり歯肉を刺激し、炎症を悪化させます。
炎症が進むとやがて歯槽骨が溶解し始めます。

 

3.細菌の中の歯周病関連菌の質と量、
それらの作用間、治癒力とのバランス、
自分自身の抵抗力が歯周炎の発症と進行の程度の違いと考えられています。

 

原因としては

 

プラークの除去を困難にし、歯茎を痛める不正な歯並び、咬み合わせ。
プラークを増加させる軟らかい食べ物、糖質の多い食べ物。
歯肉を傷つける「つまようじ」の使いすぎや、歯ブラシの使い方の悪さ。
隙間にプラークがたまりやすい、適合の悪いかぶせや入れ歯。
歯や歯茎にダメージを与える歯ぎしり、強い噛みしめ。
精神的ストレスや過労、全身的疾患、体質、遺伝的素因
(糖尿病やビタミンCやタンパク質の不足等)
細菌対する抵抗力を弱める喫煙
口呼吸

 

プラークコントロールを欠かさず、お口の中を清潔にしておくことです。
そのためには正しいブラッシング、フロッシングがとても大切です。
定期的に(3ヶ月~1年に1度)歯科医療機関で検診を受け、歯石を取り除きましょう。
歯石は歯ブラシでは取り除けません。
虫歯予防と同じ、砂糖の摂取量や摂取回数を減らしましょう。

全身の健康に注意し、栄養のバランスを整えることも必要です。
また、軟らかい食べ物ばかり摂取しないで繊維性の食べ物も取りましょう。

 

歯周病の治療は、むし歯の治療と違い、患者さん自身の取り組みが一番大切です。
地味で時間もかかりますが、あなた自身の歯の健康を取り戻すためです。
私たちもベストを尽くしますので、お互いご一緒にがんばりましょう。